筋肉美で話題の眞鍋かをり 井上アナの意外な作務衣姿にびっくり

2014.10.22


眞鍋かをり【拡大】

 講談社の月刊女性誌11月号の表紙に「欲しいのは、女らしい筋肉。」のコピーを添えてセミヌードを披露、それをネタに(?)同社の男性週刊誌のカラーグラビアでも「限界手ブラ」が“独占掲載”されて話題の眞鍋かをり。

 けれど、もっと驚くことがあった。

 先日、NHK Eテレの『先人たちの底力 知恵泉(ちえいず)』が「ジャーナリスト・宮武外骨」を取り上げていたので、初めてチャンネルを合わせたのだが、この番組、Eテレに似合わず(?)酒の匂いがする。

 「居酒屋・知恵泉」のカウンター内に進行役の店主が控え、3人のゲストを迎えて、一升瓶のラベルに書かれたその夜のテーマ(この回は宮武外骨)についてトークを展開するという趣向。

 で、驚いたことに、一升瓶を客の前にドーンと置いた作務衣(さむえ)姿の店主、どこかで見た顔だと思ったら、NHKの井上二郎アナウンサー、その人であった。

 調べてみたら主に土・日・祝日の正午の「ニュース」を担当している。このところ、火山の噴火に大型台風と、L字画面なんかで彼の顔を見る機会も多く、あくまでニュース原稿を読む“お堅い人”としてインプットされていた。

 なのに、作務衣で一升瓶をドーン。

 確かに彼、40歳にしては髪形が若作りだし、目元がソフトで声もいいから、居酒屋の店主にはもってこい。

 そして、この夜の客の一人としてノースリーブ姿で現れたのが眞鍋かをりというわけだった。

 ノースリーブが似合う女性タレントや女優は、実はそう多くない。その数少ない一人が眞鍋かをり。作務衣についても同様で、永六輔は別格だが、井上アナもよく似合っている一人だろう。

 さしたる事件事故のない休日の昼間なら、作務衣姿でニュースを読んでもいいかも。 (新橋のネクタイ巻き)

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。