「モーツァルト!」出演のソニンに直撃 「舞台に出ると必ず何か起きるんです」 (1/2ページ)

2014.10.28


すっかり大人の女性になったソニン【拡大】

 「カレーライスの女」のCDジャケットでみせた裸エプロンが衝撃的だった女優のソニン(31)が、11月8日から開幕するミュージカル「モーツァルト!」に出演する。数々の名作舞台に出演し、今や“ミュージカルの女”としての存在感を放つ彼女に直撃した。

 ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの波乱の生涯を描き、2002年の日本初演以来、大ヒットを続ける人気ミュージカル。「長く愛されている作品に出演できて光栄。今はプレッシャーの塊ですが、モーツァルトの偉大さを大切にして頑張ります」と意気込む。

 出演はヴォルフガング役の俳優、井上芳雄(35)と山崎育三郎(28)の他、花總まり(41)、山口祐一郎(58)ら実力派がずらり。胃がんの手術を受けた市村正親(65)も今作品で復帰する。ソニンは平野綾(27)とのダブルキャストで、ヴォルフガングの妻、コンスタンツェを演じる。

 「コンスタンツェが、モーツァルトの死後に楽譜を売ったから、彼がこれだけ有名になったとも思うんです。悪妻かもしれませんが、『コンスタンツェあってのモーツァルト』というのを見つけながら演じていきたい」

 役柄は人妻だが、自身の結婚については「まだ予定なしです。でも、私のパートナーになる人は大変かも…」と苦笑い。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。