花組・柚香光、注目度ナンバーワン 入団6年目で憧れの役 (1/2ページ)

★花組・柚香光

2014.11.15


「東京公演中はビビちゃん(ラブラドール)と戯れるのが一番のリフレッシュ」と柚香【拡大】

 「すべてのことが勉強なので、何から言っていいのか、わからないくらいです」。今、注目度一番の新進男役スター、柚香光(ゆずか・れい)が興奮気味に話すのは、16日に東京宝塚劇場で千秋楽を迎える花組「エリザベート」のこと。

 本公演では、皇太子ルドルフとハンガリーの革命家ジュラを役替わりで演じ、10月23日の新人公演では主役トートを、まさに夢と現(うつつ)のはざまをさまようごとき妖(あや)しい美しさで見せた。

 「入団6年目でこんな素晴らしい作品に巡り合えたうえ、男役なら誰もが憧れるトート役で、新人公演の主演をさせていただけたなんて」

 バレエとピアノに熱中してはいたが、宝塚を知ったのは中学卒業間際、母親が宝塚音楽学校の募集要項を書店で見つけてきたことがきっかけだった。「面白そう」と受験して、一度で合格。歌劇初観劇も願書提出後と遅く、「エリザベート」も生で見たのは、瀬奈じゅん(40=現女優)がトートで主演した前回、7度目の再演となった2009年月組公演だった。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。