江角マキコ 落書き騒動で真っ先に謝った夫と「週4回H」発言 (1/2ページ)

2014.12.13

 《勝手にどうぞ、としか…》

 《公共の電波で言うこと?》

 《この人最近、どうしちゃったんだろうなぁ…》

 ネット上でこんな辛辣な声を浴びているのは、江角マキコ(47才)だ。その原因は12月1日放送の『私の何がイケないの?』(TBS系)での爆弾発言だった。

 《週3〜4回以上夜の営みがある夫婦は収入が高い》という話題に「ウフフ」と反応した江角は、「ちょっと、私を映さないで!」と照れながらも、嬉しそうに、頻繁な夜の営みの秘訣について、こう続けたのだった。

 「キスとか胸を触るとか、そういうことから始めないで…。意外と、足をコチョコチョしながら上に行くとか…」

 夫のHの“手順”まで暴露したこの江角の発言には、スタジオの有田哲平(43才)や千秋(43才)もボー然だった。

 江角といえば、9月に「ママ友いじめ問題」で世間を騒がせたばかり。その後、江角の命令で、マネジャーが長嶋一茂宅に「バカ息子」「アホ」などと落書きしていたことを『週刊文春』に報じられ、世間から激しいバッシングの嵐にさらされていた。

 その余韻も冷めやらぬうちに、今度は「週4H」発言で騒動を起こすなんて、《どうしちゃったの?》という声が上がるのも無理はない。

NEWSポストセブン

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。