優香、大河で花開く? バラエティー卒業 女優業シフトもパッとせず…

2015.01.09


どうなる女優、優香!【拡大】

 タレント、優香(34)が女優としての正念場を迎えている。バラエティー番組には欠かせないタレントだが、女優としては思うほどの成果は出せていないのが現実。NHK大河ドラマ「花燃ゆ」への出演というビッグチャンスをつかんだが、大丈夫か優香!

 優香といえば、「王様のブランチ」や志村けんとのコント番組といったバラエティー番組で、人気スターになったが、ここ数年はバラエティーを卒業し、女優業にシフトしている。

 ところが、どうも雲行きが怪しい。「本人は女優志向なんですが、代表作に恵まれないというか、パッとしないんです」と芸能関係者。

 ここ数年では、主演した映画「体脂肪計タニタの社員食堂」(2013年)に、「黒執事」(14年)といった話題作、ドラマも「パパドル!」(TBS)や「キャロリング」(NHKBSプレミアム)と出演が続き、順調にみえるが、代表作は見当たらない。

 「極めつけは、主演した読売テレビの『ハクバノ王子サマ』。放送開始まで名を伏せて“国民的女優が主演”とあおったのですが、いざふたを開けてみると、さして話題にもならなかった。大誤算だったのでは」とテレビ誌記者。

 なぜか。「決意のなさが、すべてを中途半端にしている」と芸能評論家の肥留間正明氏。「バラエティーを突き詰めれば、おのずと道が開けたはず。今の状況は、バラエティーを卒業したのではなく“中退”したようなもの。一番のチャンスを逃してしまったのでは」と厳しい。それだけに、「大河は試金石。どこまで印象づけることができるか」(前出のテレビ誌記者)とみる声も。

 「今は三浦友和、山口百恵夫婦の次男で俳優の三浦貴大とのスキャンダルぐらいしか話題にならないのも厳しい。ここで踏ん張らないと大胆なセクシー系に転換しなくてはならないかもしれない」と肥留間氏。

 セクシーな優香にも期待したいところだが…。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。