AKB48、NHK紅白用の衣装 驚愕の値段

2015.01.09

 7度目の『紅白歌合戦』に出場したAKB48。人数では例年同様の圧巻だったが、サプライズなしで少々がっかりという声も。

 「去年の総選挙で1位を獲得した渡辺麻友(20)がセンターを務める『心のプラカード』を披露しました。歌唱中にメンバーがそれぞれ伝えたいことを衣装に装着されているプラカードに掲げるのが見どころの一つで、リハーサルでは”本番をお楽しみに!“といった具合に、本番までそのプラカードの内容は明かされなかったんです。本番では、なにかサプライズがあるのではないかと期待していたんですが、全くありませんでした」  

 こう話すのはスポーツ紙記者。しかし記者が驚いたのは衣装の値段だったという。

 「なんと、メンバーの紅白用の衣装は1人につきたったの1万円程度なのだそうです。今回、AKB48は66人のメンバーが出場していたので、約66万円。衣装担当は、66万円の中で66人分の材料費、製作費などをやりくりしなくてはいけないんです。さらには、できあがった後、メンバー1人1人のサイズ調整もしなければならず、手間と労力を考えるとまったく割に合わない。それでも紅白の衣装を作れるチャンスは、若手のスタイリストにとっては大きな自信と実績になるでしょうね」

 リーズナブルすぎる衣装代がいちばんのサプライズだった。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。