厳しい高橋ジョージの束縛 妻はナマ足&胸もと開いた服禁止 (1/2ページ)

2015.01.22

 2007年にナイスカップル大賞、2011年にパートナーオブザイヤーを受賞し、“芸能界一のおしどり夫婦”として知られてきた三船美佳(32才)高橋ジョージ(56才)夫妻が、泥沼離婚裁判に突入したことが『スポニチ』のスクープで発覚した。

 同紙によれば、2013年末に三船が都内の自宅を出て大阪のマンションで別居を始め、昨年5月から離婚調停を行うも決裂、現在は訴訟に発展しているという。

 これまでの報道では、「高橋が家にいるときは、外出をしてはいけない」という“外出禁止令”の存在が離婚訴訟に至った原因とされているが、女性セブンの取材で判明したのは、高橋の耳を疑うような束縛ぶりだった。

 結婚当初、三船がまだ高校生だった時、高橋は彼女が放課後に友人と遊ぶことを禁止していた。もちろん部活動も禁止で、そんな高橋の意向により、彼女は卒業式のダンスパーティーにも参加できなかったという。

 「報告」「連絡」「相談」といえば、仕事でも家庭でも、物事を円滑に進めるための基本的なコミュニケーションだが、この夫婦の場合は別である。三船には、1日のスケジュールを全て高橋に報告しなければいけないルールが課されていた。

 「例えばママ友とランチをするにしても、どこで誰と何時までいるとか、何時に帰宅するとか、全部伝えなければいけないそうです。ある日、ママ友仲間でランチをしているとき、相手の名前や店名をご主人にメールしている彼女を見て、友人の一人が“普通、そんなこと旦那に報告しないよ?”って言ったら、“え? そうなの?”って彼女は驚いていました」(三船のママ友仲間)

NEWSポストセブン

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。