岡田斗司夫氏、仰天愛人リストで炎上 格付け、寸評も 教え子も? (1/2ページ)

2015.01.23


「愛人リスト」騒動で炎上中の岡田斗司夫氏【拡大】

 オタク文化の論客として「オタキング」の愛称でも知られる評論家でプロデューサーの岡田斗司夫氏(56)にスキャンダルが直撃している。自作の「愛人リスト」がネット上に流出。本人は「創作」と釈明したが、有名コラムニストや大学の教え子の名前も含まれていたことから、炎上騒ぎに発展しているのだ。

 《「若い子は騙して抱いて、終わったら捨てろ」というのが僕の中の法則》

 今月中旬、ツイッター上に流出した「愛人リスト」の書き込み。女性を「年齢差」「巨乳度」「床上手・名器度」などの項目別に格付けし「優良物件」「2点以下の物件」といった寸評も。かつて「春の歩み」と題した手記で女性遍歴を赤裸々につづった有名脚本家も真っ青の内容だ。

 この“問題作”を作ったのが岡田氏。大ヒットアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を手掛けた映像制作会社「ガイナックス」の創業者で、オタク界きっての有名人。2007年には、自ら考案したダイエット法を紹介した『いつまでもデブと思うなよ』(新潮新書)が50万部の大ヒット。東京大学教養学部で非常勤講師も務めたことも。

 岡田氏は、今月17日に自身のブログで、問題の「リスト」を自作と認め、「仕事で会っただけの女性に対する妄想を書いたもの」と釈明。だが、ここには有名コラムニストとみられる名前もあったことで騒動は飛び火。疑惑を向けられた本人が、岡田氏に過去に口説かれたことを明かした上で、「体の関係は正直嫌で、お断りをしました」と性的関係を否定する事態となった。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。