「NHKナンバーワン美人」和久田麻由子アナ “朝の顔”大抜擢で気になるコト

2015.02.04


新しい“朝の顔”となる和久田アナ【拡大】

 NHKが3日発表した2015年度の新キャスター陣で、朝の「おはよう日本」の平日(6、7時台)のキャスターに大抜擢された和久田麻由子アナウンサー(26)。ネット上では「NHKナンバーワン美人」の呼び声も高い女子アナだが、早くも気がかりなことも出てきたようだ。

 和久田アナは、2011年入局の4年目。東京大学経済学部を卒業した才女だ。昨年4月、岡山放送局から東京アナウンス室に異動し、「おはよう日本」の土・日・祝日のキャスターに就任。わずか1年で平日キャスターへの大抜擢となった。

 「土日のキャスターも意外でしたが、今回はごぼう抜きの大抜擢。これまでアナウンサーが東京に上がってくるには、2、3つの地方局を経てからだっただけに、その期待も大きいようです」とNHK関係者。

 アナウンス力も高く評価されており、「早くも、将来は『ニュース7』のキャスターにとの声も聞こえてくる」(前出関係者)という。

 それ以上に注目されているのが、その美貌だ。ネット上では「歴代美人アナの中でもナンバーワン」「フリーになればいいのに」といった書き込みが相次いでいる。

 「ネット上では“わくちゃん”“わくまゆ”と呼ばれています。人気の若手女優のインタビューをした際には、ネット上ではその女優よりも、和久田アナのすらりと伸びた美脚に話題が集中したほどです」と芸能ライターは注目する。

 しかし、あまりにも早い出世にきな臭い話も。「今、東京アナウンス室はアラサー女子アナがしのぎを削っています。彼女たちからすれば、若い和久田アナが抜擢されるのは面白いはずがない。すでにやっかみの声が上がっているようです」と“不協和音”をスポーツ紙記者は明かす。

 3日の記者会見で「少しでもホッと心を和ませていただけるような情報を明るく朗らかにお伝えしたい」と就任への思いを語った和久田アナ。

 その笑顔が曇ることがなければいいが。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。