“あさひロス”深刻化 NHK「ウオッチ9」井上アナ降板 ネットで衝撃

2015.02.09


ウオッチ9降板で多くの視聴者を悲しませている井上あさひアナ【拡大】

 NHK「ニュースウオッチ9」のキャスターを3月いっぱいで降板することになった“サラリーマンのアイドル”、井上あさひアナウンサー(33)。大越健介キャスター(53)の降板ばかりが注目された交代劇だったが、ネット上では、むしろ“あさひロス”が深刻化している。

 NHKが先日発表した2015年度の新キャスター陣。「ウオッチ9」は、報道局国際部長の河野憲治氏(52)と、「おはよう日本」のキャスターを務める鈴木奈穂子アナ(33)のコンビが務めることになった。

 一部で“更迭”が取り沙汰された大越キャスターの交代よりも、ネット上で衝撃を与えたのが、井上あさひアナの交代だった。

 このニュースが流れると、ネット上では「井上あさひキャスターの冷静沈着な語り口が心地よかったのに」「降板するのか、ショック…」「もう生きる希望が見つからない…」「受信料を返せ」などと書き込みが相次いでいるのだ。

 井上アナはお茶の水女子大卒業後、2004年に入局。鳥取、広島を経て東京に。11年から「ウオッチ9」のキャスターを務めており、“サラリーマンのアイドル”との愛称も。「知的なルックスと落ち着いた口調、確かなアナウンス力に定評があり、ナレーションなども多く務めています」とNHK関係者。

 次の担当番組は決まっていないことから、「地方局に出るのでは」との噂も。ネット上では、すでに自分の住む地域への異動を希望する声も上がっている。「NHKはひとつの局で3年が異動のタイミング。人気アナも例外ではなく、地方局にいく可能性も少なくない」と前出の関係者。

 とりあえずは最終日の3月27日まで、その姿を目に焼き付けておこう。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。