萩本欽一、駒大に合格「授業も休まず行く」 認知症予防で受験

2015.02.27


萩本欽一【拡大】

 全国のご年配に勇気を与えたに違いない。タレントの萩本欽一(73)が、駒沢大学(東京都世田谷区)の社会人入試制度で仏教学部に合格していたことが27日、分かった。認知症対策のために始めたという受験勉強で見事、結果を出した。

 関係者によれば、欽ちゃんは、昨年3月、コント55号の時代から続けてきた大舞台公演から引退。これをきっかけに、認知症対策のために4月から本格的に勉強を始め、「成果が見えた方がうれしい」と考えて大学受験を決めた。

 27日付のスポーツニッポンによると、かねてから親交のあるプロ野球・DeNAの中畑清監督(61)の母校であることや、以前に自身が講演を行ったこともある縁で、駒大を志望校に選んだという。

 1日十数時間の猛勉強の結果、英語と小論文の受験科目をパス。1月22日に合格通知を受け取った。4月から始まる学生生活について、仕事と並行し、「授業も休まず行く」と意気込んでおり、学生との交流も積極的に行う意向。4月8日の入学式にも出席すると意欲満々。芸能界の重鎮のキャンパスライフやいかに。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。