NHK花燃ゆ 主人公夫の不倫相手に沢尻エリカで視聴率UP提案

2015.02.28

 視聴率の低空飛行が続くNHK大河ドラマ『花燃ゆ』。そこで、視聴者が満足するよう「V字回復プラン」を提案したい。

 考えられるのが、ヒロインの夫に「不倫相手」を登場させることである。当然、色仕掛けだけでは目の肥えた大河ファンは納得しないだろう。女性が主役の大河に何が足りないかといえば、「敵役」だ。 

 そこで「(主人公である)文の恋敵」を登場させてはどうか。直木賞作家で山口県在住の古川薫氏が解説する。 

 「長州藩の志士は長州を離れて京都で活動しますが、多くはそこで愛人を作っていた。文の最初の夫・久坂玄瑞にも井筒タツという京都芸者の妾がいて、タツとの間にできた子を久坂家の戸籍に入れた。文には悔しい出来事だったでしょう」

 妾の登場をNHKが芳しくないと考えているのかどうかはわからないが、現状ではタツの登場予定はない。タツが登場すれば、女同士の意地を懸けたドロドロバトルという見どころが増えるはずだ。 

 もう少し悪ノリが許されるなら、タツ役として久坂役の東出昌大と結婚したばかりの杏が特別出演すれば話題性十分。ドラマ『ファーストクラス』でマウンティング女子を演じた沢尻エリカという手もある。脚本家・大島里美氏は沢尻主演の『1リットルの涙』の脚本を担当したことがあるだけに、決して不可能な配役ではない。

 ※週刊ポスト2015年3月6日号

NEWSポストセブン

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。