Berryz工房、結成11年・涙のラストライブ「私たち、こんなに大きくなりました」 (1/4ページ)

2015.03.04


ラストライブを行ったBerryz工房【拡大】

 ハロー!プロジェクト所属の7人組アイドルグループ・Berryz工房が3日、東京・千代田区の日本武道館で無期限の活動停止前ラストライブを行い、11年間の活動に終止符を打った。

■ZAKZAK動画アイドルニュースはこちら!
 ⇒アイドル特集


 ライブは、1万人の観客から「Berryz行くべぇ〜!」の大声援を受ける中、予定の20分遅れでスタート。実はこの間、メンバーたちはこらえきれずに泣いていたというが、ステージに登場した際には笑顔で振る舞い、「スッペシャルジェネレ〜ション」や「ROCKエロティック」などの定番曲で会場のテンションを序盤から最高潮へと導くと、夏焼雅(22)は「楽しい!」とシャウト。途中には、メンバー全員が小学生だった中でのデビュー曲「あなたなしでは生きてゆけない」の次曲に、時を経てほぼ全員が20代となった昨年発表のシングル曲「普通、アイドル10年やってらんないでしょ!?」を用意するなど、彼女たちが歩んできた歴史を噛みしめられるステージが計24曲・約3時間にわたって展開された。

 セットリストやステージの演出にはメンバーの意見が反映され、2008年7月に発売された17枚目のシングル「行け!行け!モンキーダンス」歌唱時には、当時のミュージックビデオを彷彿させるサルの着ぐるみ姿で登場。夏焼は「(ステージに設置された)シンデレラ城のセットの前でサルの格好をするなんて、Berryz工房ならでは。℃−uteは絶対やんないもん」と語り会場を爆笑させ、ハロプロの中でも自由なグループ色を最後の公演でも存分に感じさせてくれた。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。