北川景子の前に立ちはだかる恋人・DAIGOの個性的一家の壁 (1/2ページ)

2015.03.15

 昨年11月に報じられたDAIGO(36才)と北川景子(28才)の交際。いつゴールインしてもおかしくないようなラブラブデート写真も撮影されている。しかし、北川の前には、立ちはだかる壁があった。それはDAIGOの家族の問題だ。

 彼の祖父が元総理大臣の竹下登氏(享年76)であることは有名だが、やはり名門一家は一筋縄ではいかない個性派人揃いだった。

 DAIGOの父親は、元毎日新聞政治部のエース記者で、竹下氏の次女・まる子さんと結婚した後に毎日新聞を退社し、義父の私設秘書になった、バリバリの政界人。加えて、空手5段で、超厳格な性格で知られる。

 「いまだに子供たちがピアスの穴を開けることを許さず、過去にDAIGOがへそピアスを開けた時は、大激怒して即刻やめさせたという逸話もあります」(父の知人)

 また、母のまる子さんも手ごわい。

 「ふんわり系の天然キャラで、穏やかな性格なんですが、このお母さん、とにかく占いが大好きで…。何かと大殺界だとか好運期だとかを気にしていて、子供の仕事についても、やたらと占いをもとに助言するそうです」(母の知人)

 DAIGOがまったく売れずに親のスネかじりだった20代、「占いの先生が言うには、あなたは30才を境に運期が好転するから大丈夫なのよ〜」と、大らかに話していたそうだ。

 「北川さんが嫁ともなれば、お母さんは彼女の運勢にも気を配ることは確実です。女優業についても、占いをもとにしたアドバイスがバンバン飛んでくるでしょう。そんなお母さんの“占い主義”にうろたえることなく、良好な嫁姑関係を築ければいいのですが…」(前出・母の知人)

NEWSポストセブン

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。