妊娠するも結婚拒否された仁科仁美 養育費一括請求は可能か? (1/2ページ)

2015.03.16

 現在、妊娠4、5か月で夏頃に出産予定だという仁科仁美(30才)。だが、恋人で、『塚田農場』など産直居酒屋を全国に180店舗展開し、年商150億円を誇る株式会社エー・ピーカンパニーの米山久代表取締役社長(44才)は、認知はするが結婚はしない姿勢だという。これに激怒した母の仁科亜季子(61才)は、養育費として億単位のお金の一括払いを要求しているという。

 ウン億円の即金要求−−いかに腹わたが煮えくり返っているかがわかるが、それは実際に可能なのだろうか。男女間の法律問題に詳しい長瀬総合法律事務所の長瀬佑志弁護士はこう説明する。

 「仁美さんが“内縁の妻”ということになりますと、法律上、遺言がなければ遺産を受けとることができません。ですが、結婚していれば妻として法定相続分を受けとる権利があることになりますので、その相続分を先に欲しいと要求することは考えられます。もっとも、この要求に応じるかどうかは相手次第といえます。

 また、子供の養育費として成人するまでの20年分の養育費を一括で請求するという方法も考えられます。例えば、年収が数千万円ある人が、子供たちの養育費を1か月に100万円払うということは考えられない額ではない。そして、1か月100万円を20年で計算すると2億4000万円になります。

 このように“養育費を一括で請求する”というのは、珍しい例ではありますが、全くないわけではありません」

NEWSポストセブン

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。