何日も同じブラ、オッサン臭、部屋に虫… 芸能界“汚美女”列伝

2015.03.18


安田美沙子【拡大】

 部屋は足の踏み場もないほど物であふれ、冷蔵庫にはカビの生えた食品が…。ものまねタレントのキンタロー。(33)が、かつて「解決!ナイナイアンサー 2時間スペシャル!」(日本テレビ系)で汚れっぷりを白状。だが、芸能界には「まさかあの美女が」と、外見やキャラとは裏腹の“汚美女”が意外と多いのだ。

 「新垣結衣が準備する時間がなくて、風呂に毎日入れないと告白したのはかわいいとして、シャワーすら浴びないと公言したのがE−girlsのAmiです。ライブから汗まみれで帰宅後、疲れているのでシャワーも浴びずに寝るそうです」と芸能ライターは明かす。Amiは、パンツは替えてもブラは何日も同じものをつけるとも告白しているから驚きだ。

 最近、バラエティー番組で彼氏ができたタレントの春香クリスティーン(23)も片付けられないオンナで知られる。「部屋は足の踏み場もないぐらいのゴミ屋敷。彼氏ができないことよりも、むしろ彼氏ができて『大丈夫か』と心配されている不思議なタレントです」と芸能関係者。

 “かき上げ美女”でブレークしたモデルの中村アン(27)も負けていない。「バスタオルは1週間、シーツは2カ月替えない。髪は洗わないほうがセットしやすいと豪語。挙げ句、番組共演者から『オッサン臭がする』と言われてしまいました」(週刊誌記者)

 さらにタレントの安田美沙子(32)も“横綱級”か。「掃除機は4カ月に1度しかかけないという発言は有名。仲良しの優木まおみも『食器がシンクにたまって、カビが生えていた』『ゴミ箱の裏に赤い虫がいたらしい』と暴露しています」と前出・週刊誌記者。

 他にも、頭皮保護のためか「頭を振ったときに自分の髪の匂いがしたら洗う」と独自基準を持つモデルのマリエ(27)…。テレビでは伝わってこないのが残念だ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。