モー娘。&AKB、辞めてから始まるイバラ道 パチンコ営業&ショッピングモールでライブ (1/2ページ)

2015.03.20


引退を発表した小川麻琴【拡大】

 元モーニング娘。の小川麻琴(27)が、今月いっぱいで芸能界から“いったん引退”を発表した。グループを卒業したアイドルにとって“第二の人生”はなかなかうまくいかないようだ。大所帯のグループが増えている分、卒業生の数も増え続けており、それだけ卒業後の苦戦ぶりが浮き彫りになってきた。

 「卒業生の売り出しは本当に厳しい。“元”と“現”では、こんなに違うのかと驚く」と明かすのは元AKB48関係者。ブランド力のあるグループほど、卒業した後はそのギャップに苦しむのだという。

 「グループから離れた途端、活躍の場はアウェーがメーンになる。他事務所のタレントと容赦なく比較され、資質が試されるようになる。つまり、グループの看板でなく、本人の力で仕事をしなくてはならなくなるのです」と民放関係者。

 「モー娘。でいえば安倍なつみ(33)や後藤真希(29)、AKBなら前田敦子(23)や大島優子(26)といったクラスでさえ、楽な戦いはしていません」とも。

 ただ、ある芸能事務所関係者は「モー娘。OGはまだましなほう」と明かす。「モー娘。は基本的に同系列の事務所に所属しているので、守られている感が強い。一方、多くの事務所が参画するAKBは、在籍時から所属もバラバラ。それぞれの事務所の売り方に、その後が大きく左右されます」

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。