日テレ上重アナ、利益供与問題でナマ謝罪 若狭弁護士“脱税”指摘 (1/2ページ)

2015.04.03


上重聡アナウンサー【拡大】

 自宅マンションを購入するために有力スポンサーから、無利子で1億7000万円の巨額融資を受けていた日本テレビの上重聡アナウンサー(34)。週刊誌のスクープ後、不透明な関係と大金を無利子で借りられる不自然さに注目が集まっていたが、3日、総合司会を務める日テレ系「スッキリ!!」のなかで、初めておわびした。だが、これで一件落着とはなりそうにない。専門家は「場合によっては脱税に問われる可能性もある」と指摘するのだ。

 3日午前8時、「スッキリ!!」に生出演した上重アナ。冒頭、他の出演者とは1人離れて立ち、緊張した面持ちで口を開いた。

 「プライベートな交遊関係において個人的な好意に甘えたことで、多くの方に疑念を抱かれるような結果になってしまいました。深く、深く反省しております。今後は信頼されるアナウンサーになるべく、精進してまいります。大変申し訳ありませんでした」と深く頭を下げた。

 「週刊文春」(2日発売)が報じた「上重聡アナ 有力スポンサーから『1億7千万円マンション』利益供与」のインパクトは大きかった。

 文春の報道にある通り、不動産登記を調べてみると、上重アナは昨年3月、都内のタワーマンション最上階(42階)にある約127平方メートルの部屋の所有権を取得。その際、部屋に抵当権を設定し、購入資金として、靴の小売りチェーン「ABCマート」創業者、三木正浩氏(59)から1億7000万円を無利子で借りている。

 エースアナを直撃した醜聞に日テレ社内は騒然となり、「報道各社から不祥事についての取材が相次ぎ、コンプライアンス担当部長がかなり混乱していた」(同局関係者)という。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。