【フルーツカクテルの魅力】国産パッションフルーツのテキーラ・サンライズ (1/2ページ)

2015.04.06


『沖縄県産 パッションフルーツ』のテキーラ・サンライズ【拡大】

 これぞトロピカルフルーツという濃厚な香りが特徴の「パッションフルーツ」。生食で食べたことがある人もまだまだ少なく、外国の輸入フルーツというイメージがありますが、この春の時季に国産のパッションフルーツが早くも出荷されています。

 もともと「パッションフルーツ」は南米大陸原産のトロピカルフルーツ。パッションという名前から情熱という意味をイメージしがちですが、名前の由来は花のオシベとメシベの形が十字架にかけられたキリストの姿を連想させるため、パッション(キリストの受難の意を持つ)と名付けられました。

 「パッションフルーツ」の特徴は、なんと言っても芳醇なトロピカルな香りとプチプチとした独特の食感があるゼリー状の果実。しかも糖度15〜18度にもなる甘酸っぱい、エキゾチックな味わいは一度食べるとやみつきになる魅惑のフルーツです。日本では明治時代から導入され、現在では沖縄県や鹿児島県の奄美諸島といった亜熱帯地方中心で栽培されています。

 カクテルでは沖縄県恩納村産の「パッションフルーツ」を相性の良い清見オレンジとともにあわせ、「パッションフルーツ」の果肉がたっぷり入ったテキーラ・サンライズで提供しています。

 テキーラ・サンライズというカクテルはテキーラをオレンジジュースで割り、グレナデンシロップをグラスの底に沈め、サンライズ(日の出)をイメージしたフルーティーなカクテル。

 通常のオレンジジュースを清見オレンジの搾りたてジュースに代え、「パッションフルーツ」の果肉を加えれば、黄金色に輝く贅沢なテキーラ・サンライズの完成です。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。