欧米で超絶人気 日本の少女メタルユニット「BABYMETAL」 (1/2ページ)

2015.04.08


今や世界のアイドル、BABYMETAL。(左から)モアメタル、スゥメタル、ユイメタル【拡大】

 雨後のタケノコのごとくアイドルの様変わりが著しい中で、日本より欧米で人気が沸騰しているアーティスティックな3人組がいる。メタルダンスユニットのBABYMETAL(ベビーメタル)だ。

 黒と赤が基調の、ゴシック要素を取り入れた衣装を着た、かわいい女の子3人が激しく踊りながらメタルをシャウトする。メンバーはスゥメタル(17)、ユイメタル(15)、モアメタル(15)。

 3人をサポートするバックバンドメンバーたちは、顔から首までを白く塗り、顔には目の周りを黒く塗る“コープス・ペイント”と呼ばれるメークを施している。音楽とビジュアルのギャップの新しさがおもしろい。

 きゃりーぱみゅぱみゅや、ももいろクローバーZなども最初は海外の方が人気は高く、ある意味、逆輸入のような形で日本でも大人気に。この3人組も日本以上に欧米で大ブレークしている。

 アイドルとメタルの融合をテーマに結成された3人組のBABYMETALは、2010年のデビュー曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」が評判を呼び、そのミュージックビデオが動画サイトのYouTubeにアップされると、ほどなく130万回以上の視聴を記録。その多くが欧米からのアクセスだったこともあり、人気のほどが話題になった。

 ただ、当時はメタルユニットとしての音楽性での人気というよりも、少女アイドルグループ人気だったといえる。

 13年から国内外の音楽フェスに参加し始めると、一気にメタルユニットとして評価され始める。それを決定的にしたのが「サマーソニック 2013」。メタル界のカリスマ的存在であるメタリカのラーズ・ウルリッヒがBABYMETALのステージを鑑賞し、話題になった。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。