4月改編視聴率レース、早くも明暗 盤石「ミヤネ屋」にも死角!? まさかの大苦戦組も… (2/2ページ)

2015.04.08


真矢ミキの「ビビット」は菊川怜の「とくダネ!」を脅かせるか【拡大】

 日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」のひとり勝ちが続く午後の時間帯では、安藤優子(56)と高橋克実(54)の異色タッグで臨むフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」は初回3・6%でスタートし、その後は2〜4%台でアップダウン。東海地方のローカル番組を持ち込んだTBS系「ゴゴスマ」は、日によって2%を切る低迷ぶりだ。

 「ただ盤石とはいえ、これまで10%台だったミヤネ屋が7〜8%台になっており、数字が流れている兆候もある。コンテンツ次第で今後変動してくる可能性もある」と先の民放関係者。

 そのコンテンツだが、作り手側の質の低下を問う声も聞こえてくる。「あるコラムニストは朝の情報番組に出ていたかと思うと、違う曜日には午後の時間帯で別局の情報番組に出ている。使い回しですよ。オファーする側が安易に人気のある人を選びすぎているんです」とベテラン芸能ライターは指摘する。

 どのチャンネルを選んでも同じなのであれば、なじんだ番組を見てしまうのは当然か。まだしばらくは激戦から目が離せない。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。