上西議員はエリカ様よりすみこ様 批判の矛先はメークにも (1/2ページ)

2015.04.09


上西議員が似ているのは果たして“沢尻エリカ”(右)か、“にしおかすみこ”(左)か【拡大】

 ニュース番組よりも、ワイドショーをにぎわせている上西小百合衆院議員(31、比例近畿)の騒動。比例復活にもかかわらず、党を除名されても議員として居座り続ける姿勢に加え、「浪速のエリカ様」の愛称も、騒ぎに拍車をかけている。ネット上ではその愛称に疑問を投げかける声も多い。代わりに「エリカ様よりむしろ…」と名前が挙がるのは、あの懐かしい女芸人だった。

 元キャンギャル出身の上西議員。各メディアで使われている「浪速のエリカ様」との愛称は、2012年の衆院選出馬の際、週刊誌が使い始めたのだが、「気の強そうな顔つきが沢尻エリカに似ているのではということで各メディアが使うようになりました」とマスコミ関係者。

 3日行った釈明会見でも、大阪維新の会の橋下徹代表の発言に、不服そうな表情を浮かべ、“エリカ様”ぶりを見せた上西議員。批判の矛先は、問題となった“温泉旅行”疑惑やマスコミ対応だけでなく、そのメークにも向けられた。

 下まつげにもたっぷりと盛られた黒のマスカラ。パンダのような垂れ目風のアイメークは、ネット上では「好感が持てない」「メークで損をしている」「水商売っぽい」と散々だ。タレントのデヴィ夫人さえも「議員であんなにマスカラをつけている人も珍しい」と苦言を呈した。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。