さまぁ〜ず三村、つぶやき続けて大丈夫? 和田アキ子の「やめろ」に“続行宣言”

2015.04.15


三村にとって安易なつぶやきは災いのもとかも【拡大】

 ツイッターでつぶやいた一言が「テレビ局批判」と騒動を引き起こしたお笑いコンビ、さまぁ〜ずの三村マサカズ(47)。あの“芸能界のご意見番”からも苦言を呈されたというが、本人はどこ吹く風といった様子で…。

 三村は今月9日、「テレ朝。お金儲けの為に仕事したらだめ。自分の仕事をちゃんとしておかねを頂く。お笑いやってお金を頂く。お金を儲けるためにお笑いやるこれ最悪」とツイート。

 これが騒動の引き金となった。ネット上で「名指しでテレ朝批判か」と書き込みが相次いだのだ。あわてた三村は、「テレ朝を打った後で、別なことをつぶやき、そのままテレ朝の文字を消し忘れた」と釈明した。

 翌10日には、和田アキ子から「ツイッターやめろ」と直接苦言を呈されたというが、本人は意に介さずの続行宣言をしたのだ。

 「三村は先月も『いい加減、タレントは怒りますよ』など、一部テレビ局への批判らしきツイートをしており、今回も実は批判だったのではという声が消えません」(芸能ライター)

 2本のレギュラーを持つテレ朝に牙をむくとは考えにくいのだが、「三村は、スポーツの話題でもエキサイトすると一般人とツイッターでやり合うほど。ファンまでも、普段のキャラと違うからやめてほしいと苦言を呈する始末です」と前出・芸能ライターは明かす。

 騒動後もマイペースにつぶやき続ける三村。いつか取り返しのつかないことをしなければよいのだが…。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。