「キンキン、ありがとう」 多くの哀悼と感謝の声

2015.04.20


うつみ(左)とイベントで共演するありし日の愛川さん【拡大】

 15日に亡くなったタレントの愛川欽也さん(享年80)。週末も、突然の死を悼む声が相次いだ。

 妻でタレントのうつみ宮土理(71)は密葬を終えた翌日の18日、コメントを発表。「キンキン、よく頑張ったね。本当にありがとう」と肺がんと闘った夫を感謝の言葉でねぎらった。

 愛川さんの希望で病状を明かせなかったことを謝罪。「本当に仕事大好き人間でした。“さあ仕事しよう”と最期までうわ言でも申しておりました。脚本を書くこと、演出すること、司会すること、そして演じることが彼の人生でした」とつづった。

 20年間司会を務めたテレビ東京系「出没!アド街ック天国」では18日放送回で、番組の最後に愛川さんの死を報告。「心よりご冥福をお祈りいたします。20年間ありがとうございました」とテロップが流された。

 演出家のテリー伊藤(65)は19日、TBS系「サンデー・ジャポン」に生出演。自身のハチャメチャな企画の番組でも「愛川さんが司会をしてくれるから、どんなにムチャクチャでも、全部戻してくれる。足を向けて寝られない。恩人です」と感謝した。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。