一世を風靡した巨乳お笑いコンビ『パイレーツ』 2人の明暗

2015.04.24


 自身の結婚式で幸せいっぱいに“だっちゅーの”ポーズを披露した、元パイレーツの浅田好未(右)と、西本はるか【拡大】

 “だっちゅーの”で98年の新語、流行語大賞を受賞し、一世を風靡した女性お笑いコンビ『パイレーツ』の西本はるか(36)が会員制のガールズバーで働いているという。

 「西本さんは、友人の元グラビアイドルのお店を手伝っているだけらしいのですが、バーのお客さんには、“元パイレーツの西本はるかじゃない?”聞かれても“違いますー”とシラを切るほどバレたくはなかったようです」(ワイドショースタッフ)

 西本といえば、パイレーツのブームが過ぎ去ったあとはAVに転身するなど何かと話題を提供していた。

 「12年に突然へアヌードを披露したかと思ったら、その約2カ月後にはなんとAVデビュー。しかし、作品は1本のみ。その後は、タレントや女優として活動していたようですが、仕事は少なく迷走していたようです」(芸能プロ関係者)

 一方、相方の浅田好未(35)はというと、「‘04年にアクセサリーブランドを立ち上げて、自身のブランドや美容・アパレル関連商品の開発デザイン・プロデュースを手掛けています。また、‘07年に一般男性と結婚し、2人の子供を出産。その後はライフスタイル本を出版するなど、憧れママとして人気です。レシピサイトの『クックパッド』では自身の公式コーナーもあるほどです」(前出・芸能プロ関係者)

 元コンビで明暗がわかれているようだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。