月村了衛さん「一種アウトロー的キャラ」が好き “半グレ集団”退治なら痛快でしょ (1/3ページ)

★月村了衛さん『槐(エンジュ)』(光文社1600円+税)

2015.04.25

連載:ブック


月村了衛さん【拡大】

 題名の「槐(エンジュ)」はヒロインの名前だ。それも、とびきり強くてクール。そして“意外な経歴”が凶悪な武装グループとの闘いの中で明かされていく。めくるめく展開にページを繰る手がもう止まらない。 (文・大谷順 写真・栗橋隆悦)

 −−ヒロインの槐がカッコイイ

 「『新しいヒーロー像をつくろう』というところから始まったんですよ。舞台は現代で、アクション物で…となると、たいがいのパターンは出尽くしているでしょ。昔、殺し屋だったとか、元特殊部隊だったりとかね。この作品はヒーローではなくヒロインにしたいと思ったとき、(このキャラクターを)パッと思いついたんです」

 −−その設定が、「日本赤軍の伝説の女闘士」の孫娘。モデルがいるんですか

 「実在の人物にモデルはいません。インスパイア(触発)されたというのが近いかな。あくまで架空の物語ですが、もしも赤軍の伝説の女闘士に若くして産んだ娘がいて、その娘も若いときに娘を産んでいたら、時代設定は合う。その人物が(敵である)“半グレ集団”を小僧扱いにし、ボコボコにするなら痛快だろうなって」

 −−赤軍派が暴れまくっていたころはまだ小学生ですか

 「そうですね。(連合赤軍による)浅間山荘事件(1972年)などは鮮明に覚えていますね。それがどういう意味を持つのか、までは分かりませんでしたけど」

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。