【フルーツカクテルの魅力】茄子でカクテル!? 泉州水茄子とウォッカが合う (1/2ページ)

2015.04.27


『泉州水茄子』とクランベリーの“果肉たっぷり”カクテル【拡大】

 今回のフルーツカクテルの魅力の素材は大阪府が全国に誇る野菜「泉州水茄子」。

 茄子でカクテル!?と驚かれるかもしれませんが、「泉州水茄子」は多量に水分を含んでおり、アクが少ないみずみずしい果肉には上品甘みがあり、フルーツのように生で食べることができる全国的にも珍しい茄子なのです。

 大阪は江戸時代“天下の台所”と呼ばれたように、古くから食文化が栄え、その食文化を支える大阪独特の野菜が数多くありました。

 特に、大阪南部・泉州地域の「泉州水茄子」は江戸時代から大阪の泉州地域だけで栽培されている、なにわ特産品。大阪湾と山脈にはさまれた泉州地域独自の気候と土壌でしか育たない高級野菜と言われています。

 「泉州水茄子」は一般的な茄子に比べてふっくらと丸みを帯びた卵型で、艶のある美しい黒紫色の外観が特徴です。皮は薄く柔らかいので、そのまま丸かじりすることもでき、口にすれば驚くほどみずみずしい果汁が溢れだします。

 茄子独特のアクはほとんど感じられず、糖度10度近くにもなる甘い果肉は、野菜というよりはまるでフルーツを食べているかのような食感です。

 「泉州水茄子」はまさに“天下の台所”が生んだ、名実ともに大阪を代表するブランド野菜なのです。

 「泉州水茄子」は浅漬けが全国的に有名ですが、フルーツのように生で食べることができ、みずみずしい甘さがある「泉州水茄子」はカクテルの素材にも最適です。

 カクテルではワインで煮込みコンポートにした「泉州水茄子」を、ウォッカとクランベリージュースとともにあわせてシェークし、「泉州水茄子」の果肉がたっぷり入った贅沢なロングカクテルで提供しています。

 カクテルを作る際のポイントは生で食べても十分美味しい「泉州水茄子」ですが、わずかに感じるアクを消し、やわらかくするために、カベルネソーヴィニョン100%の赤ワインで煮込み、コンポートにしたものを使用することです。皮をむき、シナモン、丁子とともに煮込んだ「泉州水茄子」はまるでリンゴのコンポートのような食感で、食べた人は「これが茄子なの!?」と驚きます。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。