ハマっているおつまみ「京都下鴨 ちりめん山椒 すぐり」

2015.04.28

連載:グルメ


すぐり【拡大】

 春うらら。今、はまっているおつまみのひとつ、『京都下鴨 ちりめん山椒 すぐり』(すぐり、http://su-gu-ri.com/top)。小ぶりでモチっとしたやさしい甘さのちりめんに、実山椒の上品でありながら深いピリリ感が、程よいフックに♪個性的な包容力のある濃厚な酸味&旨みの車酒酒造・天狗舞山廃仕込み純米酒とゆるゆる〜とエンドレスな酒食タイム…(笑)

 「すぐり」の代表・村主忠司さんは「京都はちりめん山椒の発祥の地です。『はれま』『しののめ』をはじめ、全国一多くの製造業者があります。今もなお製造業者は増え続け、京都の新しい食文化として築かれております。その数ある京都の製造業者の中で、私どものちりめん山椒はさらに掘り出し物をみつけたような希少で上質な味と、料理関係や食通の方から言われております」と、京都の本物を継承されているからこその、自信に満ちたお言葉ですね。

 一般のデパート、スーパーなどでは販売せず、作り置きもせず、注文を受けてからの一つ一つ手作りです。

 昔から百薬の長と言われてきた日本酒。日本酒酒造組合中央会の日本酒ほろ酔い健康法によりますと、適度な飲酒は、心臓病やガン、骨粗しょう症、老化、地方などの発症リスクを下げ得るというデータが、世界の疫学的研究で次々に発表されています。毎晩の適度な晩酌に、手作りのすぐり ちりめん山椒&天狗舞山廃はいかがでしょうか?

■近藤淳子(こんどう・じゅんこ) 1975年1月30日愛媛県出身。TBS系列北陸放送アナウンサーとして6年間勤務後、ホリプロスポーツ文化部アナウンス室所属。報道キャスター、情報番組レポーター、ドラマ、CM出演、ラジオパーソナリティー、アナウンサー講師など幅広く活躍中。日本語教師、日本酒きき酒師の資格を持つ。2009年から女性限定の日本酒の会「ぽん女会」主宰。日本酒コンテスト審査員や日本酒コーディネートを行う。一児の母。公式ブログ http://ameblo.jp/junko-ponjo/ も要チェックだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。