テレ朝、相次ぐスキャンダル 今度は有名P妻が夫の不倫公表 社内不安定? (1/2ページ)

2015.05.01


相次ぐスキャンダルに揺らぐテレビ朝日【拡大】

 テレビ朝日が相次ぐスキャンダルに見舞われている。「報道ステーション」での元官僚コメンテーターの不規則発言に続き、政界を巻き込んだ女子アナのスピード離婚、そして有名プロデューサーの妻が、夫の泥沼不倫をマスコミに公表する異例の事態も。まさに「泣きっ面に蜂」といったところか。

 「報ステ」問題では、4月28日の定例会見で、吉田慎一社長が報道局の同番組担当部長ら3人の戒告処分を発表。早河洋会長や吉田社長ら3人は役員報酬1カ月分の10%を自主返上するとした。

 一方、今年に入ってからの全日、ゴールデン、プライムの平均視聴率がすべて日本テレビに次いで2位だったことに、悔しさを浮かべるなど余裕も見せていた。

 しかし、足元では次々とスキャンダルが炎上。「アメトーーク」や「ロンドンハーツ」などの人気番組を手がけるプロデューサー、加地倫三氏(46)が、局内の女性プロデューサーと不倫関係にあることを、加地氏の妻が4月30日、報道各社に書面で認めたのだ。

 この日発売の「女性セブン」が、社内不倫中の加地氏が近く離婚裁判を起こすと報じたのを受けて、加地氏の妻は代理人を通じて記事を事実と認め、「父の帰りを待つ幼い子供たちのためにも、同僚女性との不倫関係を早期に解消することを切に願っております」とつづった。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。