さくら学院に転入生6人が加入!生徒会長は磯野莉音に

2015.05.07


12人体制となったさくら学院(前列左から)倉島颯良、岡崎百々子、藤平華乃、日??麻鈴、吉田爽葉香、山出愛子(後列左から)岡田愛、大賀咲希、磯野莉音、白井沙樹、麻生真彩、黒澤美澪奈【拡大】

 成長期限定ユニット・さくら学院が6日、東京・恵比寿ザ・ガーデンホールでイベント「さくら学院 2015年度 〜転入式〜」を行い、新メンバーとして黒澤美澪奈(13)、岡崎百々子(12)、麻生真彩(11)、日高麻鈴(11)、吉田爽葉香(10)藤平華乃(10)の6人を初お披露目した。

 2010年の結成以来、最多の加入数で、メンバー数も過去最多タイの12人体制に生まれ変わった。最年長の3名は生徒会として、生徒会長に磯野莉音(14)、トーク委員長に白井沙樹(14)、今回から新設された教育委員長に大賀咲希(15)がそれぞれ任命され、新生徒会長の磯野は「(さくら学院のメンバーとして)一番長く活動しているし、初代生徒会長の背中も見てるから、今までの伝統を大切にしつつ、新しい歴史を作っていきたい」と意気込んだ。

 ステージでは、12人体制でパフォーマンスを初披露。「負けるな!青春ヒザコゾウ」「FRIENDS」「ベリシュビッッ」とライブの定番曲に加え、ラストは結成時より歌い継がれている名曲「夢に向かって」を全力歌唱。メンバーを率いた磯野は「まだ最年長の3人は不安だらけだけど、この3人を中心に今年度も頑張ります!」と呼びかけ、会場に集まった750人の父兄さん(ファンの呼称)から大喝采を受けた。

 今年の転入生は6人とも美少女ぞろい。藤平は、その小さい体からは想像できない力で磯野をひょいと持ち上げ、日高は流暢な英語の発音が特技、麻生は、もともとさくら学院のライブに通っていたといい、同じく加入前に同グループの追っかけをしていた白井の直系の後輩とも言える存在だ。

 岡崎は、山出愛子(12)いわく「清楚で、私と同じような匂いがする(!?)」とのこと。黒澤は、すでにNHK Eテレの「大!天才てれびくん」などで活躍していた有名人で、グループの即戦力として期待が集まる所だ。また、最年少でメンバー唯一の眼鏡っ子・吉田は、さくら学院OGでモデル・女優の松井愛莉に憧れており、将来はモデルを目指しているという。新メンバー含め、個性豊かな12人が集結した2015年度のさくら学院、今後の活動が楽しみだ。

■ZAKZAK動画アイドルニュースはこちら!
 ⇒アイドル特集

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。