【結婚&離婚解体】米倉涼子は「新婚クライシス」だった!? (1/2ページ)

2015.05.13


岡野あつこ【拡大】

 夫婦の結婚生活において、もっともラブラブであるはずの「新婚」の時期に、「やっぱりこの人とはやっていかれない…」と別れを考える男女は意外と多いもの。それが、「新婚クライシス」です。結婚まもない夫婦であるにもかかわらず、危機を迎えることは決して珍しいことではありません。離婚したすべての夫婦のうち、3組に1組以上が結婚5年以内に離婚をしているというデータも新婚クライシスの存在を裏付けています。

 過日の本連載でもとりあげましたが、女優の米倉涼子さん(39)の離婚報道をめぐって、新たに疑惑がわき起こってきました。夫による米倉さんへのモラハラ疑惑です。最近の報道によれば、米倉さんの持ち物について、自分以外の“男の匂い”がするのですべて捨てることを強要したり、床に正座をさせられたまま一晩中、説教をされ続けたりすることもあったとか。着ている洋服や髪型といった細部にまで“ダメ出し”をされるなど、人間性を否定されるようなこともあったといわれ、それにより夫婦関係は破綻の方向へと進んでいったとのこと。

 これが、もしも本当であればモラハラといえる夫の言動の数々が明かされた今、もはや誰が見ても夫婦関係は良好とはいえないでしょう。米倉さんにとっては、新婚の時期に別れることでプラスになることは何もないとはいえ、ここまでこじれてくると離婚を避けることはできないかもしれません。

 ところで、米倉さんの夫は、彼女より2歳年下の37歳の会社社長とのこと。若くして独立したこともあり、年齢的にも今はバリバリに働いて自分の事業をもっと拡大していきたい時期でしょう。もちろん、男性としてはプライベートも充実させたいところでしょうけれど、おそらく頭の中は「なにより仕事で一杯」なはずです。そんなときに人気女優の米倉さんと知り合ったとしたら、ますます「自分をよく見せたい」と思い、仕事に邁進するのはある意味、当然のことだといえます。ですが、本人のキャパシティ以上に頑張りすぎるとそれがかえってプレッシャーとなり、空回りしてしまうこともあります。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。