「愛川欽也の10年来の愛人」女優の父 2人の関係を告白 (1/3ページ)

2015.05.16

 兵庫県神戸市の市街地からほど近い、六甲山地の麓の町で、女性セブンはある初老の男性と対面した。ゴールデンウイークが明けたばかりの5月10日のことだった。

 「休みの間、娘はこっちで過ごしとったんやけど、ずっと泣いていてな…。言葉もかけられんかったよ。そりゃ、娘は誰よりもあの人に大切にされてきたからね…」

 築30年を超える木造の一戸建てで、重い口を開いたこの男性は、4月15日に死去した愛川欽也さん(享年80)の“10年来の愛人”と報じられてきた女優・任漢香(にん かんか、38才)の父親である。この日、父親は任と愛川さんの関係の全てを明かしてくれた。

 愛川さんと任の関係が初めて発覚したのは、2007年4月のこと。『劇団キンキン塾』に女優として所属する彼女の自宅での2夜連続の密会が写真週刊誌に報じられた。

 「彼女は2004年に劇団に入ってから、ずっと愛川さんの“お気に入り”でした。愛川さんが監督する映画では必ずといっていいほど彼女がヒロイン役でしたし、劇団員の間でも、ふたりの関係は公然のものとなっていました」(別のスポーツ紙記者)

 当時、愛川の妻であるうつみ宮土理(71才)は「あの年で女性の噂が出るなんてカッコいいじゃない」とコメントを出して余裕を見せたが、愛川さんの任への愛情は本気だった。ふたりの関係について、任の父親はこう語る。

NEWSポストセブン

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。