崖っぷち大河「花燃ゆ」視聴率またひとケタ 井上真央はナーバス気味の噂も…

2015.05.19


井上真央【拡大】

 NHK大河ドラマ「花燃ゆ」が再び視聴率ひとケタ台に落ち込んだ。17日放送の第20話の平均視聴率が9・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とワーストを更新したのだ。15話(4月12日放送)の9・8%以来、2度目のひとケタ。前回は選挙速報で放送時間が変更されたことも影響したが、今回は言い訳の余地がないようだ。

 14日の定例会見で、籾井勝人会長が「低すぎるなという気がしている」「前半は話がばらけた」と現場批判ともとれる不満を口にした。「スタッフが大慌てで『これから面白い時代に入る。プロモーションに努めます』と割ってはいりましたよ」と芸能記者。

 NHKトップからの批判に「主演の井上真央もナーバスになっているとの噂も聞こえてきます」(芸能記者)というほど。制作サイドも困惑の色が日増しに濃くなるようだ。

 「記者と番組関係者の懇親会でも『花燃ゆ』の土屋勝裕プロデューサーは『物語が幕末の動乱に入れば視聴率も回復する』と強気でしたが、その動乱の幕末に入っても回復しそうにありません」と前出の芸能記者。

 このままでは「花燃ゆ」の夜明けは遠い。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。