BS朝日のアイドルヘリウム事故 実は深刻な事態だった 一時は後遺症の可能性も (1/2ページ)

2015.05.28


事故はテレビ朝日内のスタジオで起きた。チェック機能だけでなく、番組制作のあり方が問われている【拡大】

 今年1月、BS朝日の番組収録中、ヘリウムガスを吸引したアイドルグループのメンバー(当時12歳)が緊急入院した事故は、卒倒し全身けいれんを起こすという深刻な事態だったことが、日本小児科学会のリポートで明らかになった。このメンバーは3月に退院し、復帰したが、当時は後遺症の可能性さえ指摘されていたのだ。

 同学会のリポートによると、メンバーはヘリウムガスのロシアンルーレットゲームに挑戦。2度目の吸引中、4秒ほど吸ったところで、右手を震わせると後方へ卒倒。後頭部を強打し、全身が硬直してけいれんを起こしたという。

 救急搬送されたが、肺など広範囲にガスがたまり、意識障害もあったため、ICU(集中治療室)に入院。翌日も意識障害とけいれんが続き、さらに入院6日目にもけいれんが起きた。

 「脳空気塞栓症の疑い」と診断され、入院から10日後の時点でも、「高次脳機能障害を残す可能性」があり、リハビリの必要性さえ指摘されていた。

 特に「大人用」のヘリウムガスが使われたことについて、同学会は「テレビなどでタレントが面白おかしくヘリウムガス入りスプレー缶を使用することで、子供たちがまねをして同様な事故が起こる可能性がある」と厳しく批判。「放送倫理・番組向上機構(BPO)で審査する必要がある」とも指摘している。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。