能年玲奈のNG事項 犯罪者役、バラエティーの雛壇、キス等 (1/3ページ)

2015.05.30

 独立騒動が泥沼化する能年玲奈(21才)。『あまちゃん』の撮影中に仰天の事件が起きていた。それは第128話、福士蒼汰(21才)が演じるアキの憧れの相手、種市先輩とのキスシーンでのこと。

 騒動を報じている『週刊ポスト』(5月25日発売号)によると、このシーンの撮影時、能年が「絶対に嫌!」と、キスを頑なに拒んだのだという。

 「“体当たりで演技します”と言ってつかんだ主役なだけに現場は凍りつきました。種市先輩はアキの初恋相手で、しかもお互いのファーストキスというとても大切なシーンでしたから…。結果、彼女の意向により、顔を重ねるだけの“疑似キス”になってしまったんです…」(番組関係者)

 能年と福士といえば、当時、撮影合間にふたりでアドレス交換をしていたり、劇中さながらの仲睦まじい様子が報じられ、熱愛説まで飛び出したほど。

 しかも、福士はドラマや映画、CMにひっぱりだこで、7月からスタートする月9ドラマ『恋仲(仮題)』(フジテレビ系)では主演を務めることも決定している。オリコン調べの「2014年度ブレイク俳優」で1位を獲得するなど飛ぶ鳥を落とす勢いの俳優だ。

 その人気は今もとどまるところを知らず、昨年10月に放送された『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)でも、ヒロインの綾瀬はるか(30才)と福士の“壁ドン”シーンが、多くの視聴者をやきもきさせた。

NEWSポストセブン

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。