大橋巨泉がキンキン偲ぶ会で弔辞「もうひと踏ん張り、君の分まで闘う」

2015.06.05


愛川さんを「偲ぶ会」で献花する巨泉【拡大】

 4月15日に肺がんで死去したタレント、愛川欽也さん(享年80)を「偲ぶ会」が4日、東京都内で行われた。愛川さんも名を連ねた1934(昭和9)年生まれの男性芸能人でつくる「昭和九年会」のメンバーで、自らもがんで闘病中のタレント、大橋巨泉(81)が弔辞で「もうひと踏ん張り、君の分まで闘う」と語りかけた。

 「昭和九年会」は76年、俳優の長門裕之さん(享年77)や司会者の玉置宏さん(享年76)らが立ち上げ、俳優の石原裕次郎さん(享年52)、コメディアンの坂上二郎さん(享年76)ら19人が参加していた。

 しかし、一昨年にウクレレ漫談家、牧伸二さん(享年78)、昨年はフリーアナウンサー、山本文郎さん(享年79)も他界し、今も健在なのは、大橋や俳優の財津一郎(81)ら8人に。

 愛川さんへの弔辞で、「初めて言うけど僕はキンキンのファンだった」と告白した巨泉。相次ぐ仲間の死に「米国の格言に『いい人から先に死ぬ』というのがあるけど…」とポツリ。それでも「もうひと踏ん張り、ふた踏ん張り頑張って、君の分まで闘ってみたいと思っている」と気持ちを奮い起こした。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。