山口紗弥加 「夜はホステス」の派遣社員演じて存在感示した (1/3ページ)

2015.06.14

 ドラマを牽引するのは主役。しかし、ドラマが際立つのは脇役の力あってこそ、でもある。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。

 * * *

 いよいよクライマックスに近づいてきた春ドラマ。主役もがんばっている。けれど、ふと気付くと、なぜか脇の人物に視線が釘付けになっているということ、ありませんか? 独特の光を放つ、気になる脇役。魅力あるバイプレイヤーに注目してみたい。

 まずは相葉雅紀主演の『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系・月曜午後9時)。主役・倉田健太(相葉)の父、倉田太一(寺尾聰)の部下役、山口紗弥加さん。私が注目するのは、この人です。

 ドラマでの役柄は、総務部の西沢摂子。電子部品を扱う中小企業の契約社員でバツイチ。地味めのOL制服姿で登場。しかし、真瀬部長(竹中直人)の悪事をズバっと見抜き、正義を信じて対策・解決策を上司に進言していく。

 山口さんの演技は、何とも奇妙な質感、存在感を持っています。一定の体温、感情を保っている、不思議な冷静さ。フラット感。特に印象的なのが、抑えたアルトの声です。棒読み調ともいえる、台詞回し。必要以上に感情の乱れといったものを感じさせない。

NEWSポストセブン

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。