新スポーツが低迷テレビを救う 「谷底に落ちる綱引き」どうだろう (1/2ページ)

2015.07.01


視聴率60パーセントを超えた力道山のプロレス。見られるスポーツは出てくるか【拡大】

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は6月22日、開催都市に提案権が与えられている追加種目の1次選考結果を発表し、応募のあった26団体から野球・ソフトボール、ボウリング、空手、ローラースポーツ、スポーツクライミング、スカッシュ、サーフィン、太極拳の8つのスポーツに絞り込んだ。

 今後、8月にヒアリングを実施して、さらに絞り込み、国際オリンピック委員会(IOC)に提案、来年夏のIOC総会で正式に決定する。

 ローラースポーツはローラースケートで速さを競い、スポーツクライミングは、手がかりのついた人工壁を登る。演出家の目線で考えると、サーフィンもローラースポーツもけっこう「画」になりそうな競技に思われる。

 今回、見送られた中にも、パラシュート降下中に技を競うエアスポーツ、金属球を目標に投げるペタンク、プラスチックの円盤をパスで運んで敵陣を目指すフライングディスクなど、私たちにはなじみは薄いものの、面白そうなスポーツがいくつかあった。

 先日、歴代の高視聴率番組ベスト20のリストを見ていたんだけど、「紅白歌合戦」やNHKの朝ドラ「おしん」「おはなはん」などを除くと、ほとんどスポーツ中継だった。

 1964年の東京五輪の女子バレーポール日本対ソ連の決勝、02年W杯の日本対ロシア戦、63年の力道山対デストロイヤーのプロレス、66年のファイティング原田対エデル・ジョフレの世界バンタム級タイトルマッチ…などは、時代が違うとはいえ、視聴率60%以上という驚異的な数字。やはり年齢を問わずに見られるスポーツは強いね。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。