激動は幕末ではなく視聴率 「花燃ゆ」新キャッチがアダ 「篤姫」の焼き直しの声も

2015.07.02


激動の戦いが続くヒロイン、井上真央【拡大】

 迷走を続けるNHK大河ドラマ「花燃ゆ」だが、6月28日放送で平均視聴率が三たびひとケタに落ち込んでしまった。期待の「大奥編」突入直前にもかかわらず、どうも調子が上がらないようだ。

 6月28日の視聴率は9・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。4月12日放送(9・8%)、5月17日放送(9・4%)に続く3度目の2ケタ割れ。過去に平均視聴率が最低だった「平清盛」でも、ふたケタ割れは8月に入ってからだっただけに速いペースだ。

 「物語が幕末の動乱に入れば視聴率も回復すると期待されましたが、激動なのは視聴率のほうです」とNHK関係者は声を潜める。

 今月からは、主人公の文が毛利家の奥御殿でキャリアアップする新展開に突入する。キャッチコピーも「志まげませぬ」と新しくなった。

 「予定通りとはいえ、まるで人気を得た『篤姫』の焼き直し。キャッチコピーとは裏腹に、幕末ホームドラマという当初の売りからは、ずいぶんと変わってしまった印象です」と同関係者。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。