テレ朝 赤江珠緒アナ降板へ 「モーニングバード」など司会11年 後任は宇賀なつみアナ

2015.07.29

赤江珠緒アナ
赤江珠緒アナ【拡大】

 フリーアナウンサーの赤江珠緒(40)が、テレビ朝日系「モーニングバード」(月〜金曜午前8時)を9月いっぱいで降板することが分かった。日刊スポーツが報じた。後任は同局の宇賀なつみアナウンサー(29)が務めるという。

 赤江は、同局系列の大阪・朝日放送に在籍していた2003年夏、「スーパーモーニング」の司会に抜擢された。いったん古巣の朝日放送に戻ったものの、07年4月に「スパモニ」に復帰。後継番組「モーニングバード」にも出演し、通算11年間にわたって、テレ朝の朝の顔を担ってきた。

 「タマちゃん」の愛称で呼ばれる親しみやすいキャラクターと、安定感のある司会で人気は高かったが、卒業は、仕事の幅を広げたいという本人の希望とされる。オファーが殺到しそうだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。