電撃婚山岸舞彩の夫は丸井創業者の孫だった 和風顔のイケメン38歳「プレーボーイで有名」

2015.07.29

“玉の輿婚”だった山岸舞彩
“玉の輿婚”だった山岸舞彩【拡大】

 28日に結婚と9月末での芸能界引退を発表した日本テレビ「NEWS ZERO」でキャスターを務めるフリーアナウンサーの山岸舞彩(28)。お相手は一般男性とされていたが、実は商業施設「マルイ」などを展開する「丸井グループ」創業者の孫だった。まさに御曹司との“玉の輿婚”だったわけだ。

 28日夜、出演する「NEWS ZERO」で結婚を報告。「あと2カ月あまり、これまで以上に真摯に取り組んでいきます」と語った山岸。

 この場でもお相手については触れられなかったが、関係者によると、男性は1931年に「丸井グループ」を創業した青井忠治氏の孫。

 77年生まれの38歳で、現在は不動産事業などを手がける会社の代表取締役を、父親とともに務めている。弟は、NHKの長身イケメンアナとして知られる青井実アナ(34)だ。

 男性は慶應義塾幼稚舎から高校、大学と進学した慶應ボーイ。高校時代は野球部だったというスポーツマンでもある。大学卒業後、米国へわたり有名サーフィンブランドで勤務。帰国後は産業再生機構などを経て、2010年から現在の会社に勤務している。

 男性をよく知る知人は「和風顔のイケメンで、学生時代から、有名女子アナと交際していたなどプレーボーイでかなり有名な人でした」と語る。

 2人は昨年秋ごろに知り合い、交際に発展。約10カ月でのゴールインとなった。山岸は7月初め、日本テレビに結婚と引退の意思を伝えていたという。

 華やかな場を捨てて、家庭に入るわけも、これなら合点がいくか。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。