ドリカム人気が上がれば、株価も上がる ベストアルバムが54万枚の快進撃 (1/2ページ)

2015.08.05


「私のドリカム」【拡大】

 人気ユニット、DREAMS COME TRUEのベストアルバム『私のドリカム』が快進撃だ。すでに54万枚に達し、最近の質的な売り上げでは久々の快挙となっている。

 LOVE、TEARS、LIFEにカテゴライズされたCD3枚組で、1989年のデビュー曲『あなたに会いたくて』から昨年のシングル『AGAIN』まで収録。『吉田美和歌詩集LOVE&LIFE』(新潮社)とも一部連動のコンセプトになっている。

 オリコン・アルバムランキングの3週連続1位は、昨年の『アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック』以来1年2カ月ぶり。

 吉田美和(50)と中村正人(56)がコンビを組むドリカムは、全曲を吉田が作詞、2人のどちらかが作曲、中村が編曲している。吉田は、『晴れたらいいね』など転調の多用を批判されることも少なくないが、むしろ楽譜を読めないことが、枠にとらわれないユニークな楽曲を生み出しているとも言える。

 また中村は70年代に世界的に活躍したアース・ウィンド&ファイアーから大きな影響を受けており、『決戦は金曜日』のように当時のブラックミュージックへのオマージュ的なアレンジも多い。

 そもそも彼らは、とんねるずのコンサートツアーのサポートメンバーだった中村が、吉田をバック・コーラスに招いたことがきっかけでバンドを結成した。

 ドリカムのコンサートツアーは4年に1回開催される「史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND」とアルバム発売後のツアーを基本としているが、それ以外にもほぼ毎年、ワンマンツアーやライブを行ってる。「ウラワン」(裏ワンダーランドの略)と言われるライブでは、舞台セットはなく、楽器だけのシンプルなステージング。セットリストもヒット曲よりもマニアックな歌を選ぶ。さらにはツアーでは行きにくい大都市以外の町で、普段着のまま歌う「ドリカムの夕べ」を開くこともある。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。