バトン&ジェシカ夫妻、昏睡強盗被害 エアコンから麻酔ガスの衝撃手口

2015.08.08


ショッキングな昏睡強盗の被害に遭ったジェンソン・バトン(左)と道端ジェシカ【拡大】

 F1ドライバーで2009年世界王者のジェンソン・バトン(35)=マクラーレン・ホンダ=と妻でモデルの道端ジェシカ(30)らが、保養先の南仏サントロペで強盗被害に遭ったことが分かった。

 夫妻は3人の友人とともに同地の別荘に宿泊。3日夜から4日未明にかけて忍び込んだ賊に30万ポンド(約5800万円)相当の貴金属などを奪われた。バトンがジェシカに贈った5カラットのダイヤモンドがあしらわれた25万ポンドの婚約指輪も含まれていたという。

 2人は2008年に知り合い、今年1月に結婚したばかり。散々な目に遭ったセレブ夫妻だが、驚くのはその手口だ。

 現地メディアによると、賊は夫妻と友人たちが就寝していた所に、エアコンの配管を通して麻酔ガスを送り込んでいたとみられる。夫妻らは目が覚めて異変に気づいた。昏睡(こんすい)状態になっている間に被害に遭ったことに夫妻は恐怖を感じ、翌日には別荘を引き払ったとされる。

 英紙サンによれば、麻酔ガスで眠らせた隙に金品を奪い取る同様の手口は5年ほど前から欧州で広がっている。

 06年には、元フランス代表のサッカー選手で、英プレミアリーグのアーセナルなどで活躍したパトリック・ビエラ氏(39)も自宅で被害にあったという。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。