スギちゃん 「神が下りてくる」と出川哲朗と狩野英孝に憧れる (1/3ページ)

2015.08.13

 一般女性との婚約を発表したばかりのお笑い芸人スギちゃん(41才)。家庭を持ってもワイルドキャラは変えないと断言しているが、その真意とは。「ワイルドだろ〜?」でブレイクし、いくつも訪れた転機を経た今、一発屋芸人と言われながらも、芸能界でしぶとく生き残るその術をじっくり語ってもらった。

 −−ブログでも公開されていましたが、「一発屋芸人の会」に参加されたそうですね。あれはどんな会なんですか?

 スギちゃん:まだ1回しか参加してないんですよ。言い出したのはレイザーラモンHGさんや小島よしおで、LINEで案内が来たんです。参加していたのはゆってぃ、ダンディ坂野さん、テツandトモさんとかです。これだけ集まるのも久しぶりで、近況やこれからのことを話すというよりも、「ホンマ、久しぶりやなあ」とみんな懐かしむ感じで。

 まあ、いわばベッキーさんらたちがやっている「ハーフ会」に対抗してやっているみたいなところがあって。2回目もあったんですが、残念ながら俺は仕事で行けなかったんです。

 −−憧れている芸人さんはいますか?

 スギちゃん:出川哲郎さんと狩野英孝です。憧れというよりかうらやましいです。二人とも天然で一生懸命やっているところに、神が下りてきたかのような笑いが起きる。出川さんはリアクション界で右に出るものはいないし、狩野英孝はMCから止められてもずっと自分の話を続けている。それが真剣だからこそ面白いんです。あの領域に達するまではなかなか難しいかもしれませんが…。

NEWSポストセブン

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。