清原氏が激白 入れ墨認める「小さい時からの憧れ」 薬物疑惑は否定 (1/2ページ)

2015.08.29


薬物疑惑や入れ墨について赤裸々に語った清原氏【拡大】

 元プロ野球選手の清原和博氏(48)が28日、フジテレビ系「ダウンタウンなうSP」(午後7時)に出演し、週刊誌などで取り沙汰された薬物疑惑について「風邪薬はやったが、ないです」と否定した。

 ダウンタウンの浜田雅功(52)、松本人志(51)と坂上忍(48)が酒を飲みながらトークするバラエティー番組。坂上に「入れ墨はあるんですか?」と聞かれた清原氏は「ありますね。小さい時からの憧れだった。背中一面にはないですよ」とし、引退後に入れたことを明かした。

 清原氏は将来、プロ野球の監督就任を目指しているが、「東国原さん…、逮捕されましたよね。フライデー襲撃事件とかで。それでも知事になれるんですよ」と前衆院議員の東国原英夫氏(57)を例に挙げながら、「(入れ墨は)犯罪じゃないじゃないですか。ぼくは真っ白ですよ!」と強調。入れ墨は監督就任の障害にならないとの持論を展開した。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。