‘16前期NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」ヒロイン抜擢 高畑充希にCM界熱視線 ギャラ3000万円級?

2015.09.01


新ヒロインとして期待のかかる高畑充希【拡大】

 2016年4月スタートのNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」のヒロインに選ばれた女優、高畑充希(23)。13年の朝ドラ「ごちそうさん」への出演でブレーク中の若手有望株だが、このヒロイン抜擢でさらに需要が高まりそうだ。

 NHKの朝ドラのヒロイン役は、これを機にCMやドラマなどに活動を広げるとあって、若手女優の登竜門。最近では、13年の「あまちゃん」の能年玲奈(22)や現在放送中の「まれ」の土屋太鳳(20)らが一気に知名度を上げた。

 今回、高畑演じる小橋常子は戦後、焼け野原となった東京で、小橋家の父親代わりとして、2人の妹と母を守り奮闘するヒロイン。「暮しの手帖」をつくった大橋鎭子をモチーフとしている。

 2500人超のオーディションから選ばれたという高畑は「普段からおじさん臭いって言われることが多くて、おやじヒロインってきいたときにビビっとくるものがありました。『ごちそうさん』では妹役だったので、お姉ちゃん風を吹かせて頑張りたい」とヒロイン決定の喜びを語る。

 高畑は07〜12年の6年間、ミュージカル「ピーターパン」で8代目ピーターパンを務めた。さらにTBS系「3年B組金八先生」などのドラマでキャリアを積んできた。

 ブレークのきっかけとなった13年の朝ドラ「ごちそうさん」では、ヒロインの義妹役で出演し、劇中で歌を披露するなど注目を集めた。14年にはNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」などドラマ5本に出演、映画でも「女子ーズ」や「バンクーバーの朝日」など話題作への出演が相次いでいる。

 広告代理店の関係者は「『あまちゃん』でブレークした有村架純と同じく、CM業界でも注目のひとり。清楚な雰囲気でスポンサー受けもいい。バファリンルナのCMでみせた“変顔”のようにコメディエンヌとしても期待できる。『ごちそうさん』の杏のように家電や洗剤といった日用品のCMなども転がり込んでくるでしょう」と話す。

 さらに「現在のCMギャラは1000万〜1500万円ほどで人気の割には安いほうだが、朝ドラヒロインから連ドラ主役級になれれば、2500万〜3000万円クラスにまで跳ね上がる可能性がある」とも。

 早くも期待大だ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。