芸大卒の美人箏演奏家kou ユニット「月宵」世界が注目

2015.09.02


ユニット「月宵」【拡大】

 東京芸術大学音楽学部邦楽科を卒業した美人箏演奏家のkouがボーカルと箏、そして作詞を務めるユニット「月宵」(http://tsukiyoi.com)が話題だ。

 同ユニットはkouとピアノと作曲を担当するTetsuのコンビ。ロックやエレクトロポップ、そして伝統的な箏がコラボしたサウンドが特徴。また世界に一台しかないエレキkotoを弾くことも一つのテーマだという。

 400年前の箏曲「六段」をアレンジした「ROKUDAN」がデビュー作で、2012年よりkouのボーカルをフィーチャーした楽曲を発表している。

 2013年発表の楽曲「赤く咲いて」は 英国の雑誌「Electronic Sound」に「超ラディカルなポップソング」と評され取り上げられた。昨年はフランスで行われた「Japan Expo」にも登場。また台湾でも「Tokyo Crazy Kawaii Taipei」に出演した。

 kouは「日本の文化や精神を楽曲とステージにぶつけて世界で勝負したい」と話していた。

 同ユニットが作り出す独特のサウンドは、過去・現代さらに未来をイメージさせ、独自のワールドを作り上げ、世界各国で注目されている。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。