男前すぎる日テレ久野アナ 体当たり評判「水ト超え」も 激臭ニシン完食に称賛

2015.09.18

意外な根性で人気の久野静香アナ
意外な根性で人気の久野静香アナ【拡大】

 10月から日本テレビ「NEWS ZERO」の月〜木曜キャスターに就く同局の久野静香アナウンサー(26)が、バラエティー番組での奮闘ぶりをきっかけに、ネット上で“男前”と評判になっている。同局の先輩で女子アナ人気ナンバーワン、水卜麻美アナ(28)を食ってしまいそうな勢いだ。

 久野株急上昇のきっかけは、16日に放送された同局の「ザ!世界仰天ニュース」の3時間特番。「世界一くさい食品」といわれるスウェーデンの「シュールストレミング」という食品の缶詰工場に潜入してのリポートだった。

 「シュールストレミング」はニシンを発酵させた食品。久野アナは工場に入る前から、「くっさ」「キツい」と連発。しかし、手作業で缶に詰めていくうちに「結構楽しいかもしれない」と順応力を披露。

 さらに実際に食べてみると、汁が缶からあふれて顔にかかるという悲劇に見舞われ、あまりの臭さにえずきながらも、最後にはおいしそうに食べ続けるたくましさすらみせたのだ。

 放送後、ネット上ではこうした久野アナの体当たりリポートぶりに「すごすぎる」「根性あるよな」「男前すぎる」と称賛の書き込みが相次いだ。中には「水卜ちゃん超えも」といった声も上がったほどだった。

 久野アナは2012年に入社。「ザ!世界仰天ニュース」や「ズームイン!!サタデー」、「NEWS ZERO」金曜日など硬軟織り交ぜて担当。10月からは「NEWS ZERO」の月−木曜キャスターを務める。「久野ちゃん」として親しまれており、座右の銘は体当たりリポートも納得の「為せばなる、為さねばならぬ、何事も」だという。

 「もともと美形でしたが、ショートカットにしてから際立っています。落ち着いた声で、アナウンス力も向上しているので、若手のなかで報道、バラエティー両方から求められていますよ」と日本テレビ関係者。

 為せばなるものだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。