飯島愛さんのブログ 閉鎖発表後にお別れのメッセージ続々届く

2015.09.25

 『中居正広の金曜日のスマたちへ 15周年御礼スペシャル』(TBS系、9月18日放送)では、冒頭から元番組レギュラーだった飯島愛さん(享年36)の在りし日の笑顔が流された。番組終盤では過去約230回分の出演から飯島さんの特集が組まれ、大きな反響を呼んだ。

 そして番組内で、彼女が亡くなってから7年のこの節目に1つの区切りをつけることが発表された。

 「(ご両親から)ご連絡がありまして、愛ちゃんのブログを今回閉鎖すると」−−。

 2008年12月24日のクリスマスイブに都内の自宅マンションで亡くなっているのが発見された飯島さん。あれから7年が経った今も飯島さんのブログ『ポルノ・ホスピタル』は続けられていた。

 「愛ちゃんは、家出や中絶といったどん底を経験しながら、それを隠すことはなく、メッセージを発信していました。そんな彼女の生き方は、多くの若者の心の支えになっていました。亡くなった後もブログには愛ちゃんへ打ち明ける悩みや相談がずっと書き込まれ続けていました」(テレビ局関係者)

 寄せられるメッセージは1年で6万件をゆうに超えた。

 「愛ちゃんが亡くなった後、ブログを運営してきたのは彼女のご両親でした。最初は閉鎖を考えていたそうなんですが、苦しんでいるファンの人たちの支えになるならと続けてきたそうです。ですが、ご両親もかなり高齢の身。10月31日の愛ちゃんの誕生日を最後に閉鎖することになりました」(前出・テレビ局関係者)

 番組で閉鎖が告げられてから、彼女への最後のメッセージが続々と届いている。

 《毎年愛ちゃんのお誕生日がくると覗きに来てたけど、それも今年が最後になるんだね。愛ちゃんの笑顔を焼き付けてお別れするね》

 《金スマ見て…愛ちゃんに会えた。涙がポロポロ出て止まらなかった》

 お彼岸の午後、千葉・市川市に眠る飯島さんの墓前を訪れると、生けられたばかりの菊の大輪が風に揺れていた。

 ※女性セブン2015年10月8日号

NEWSポストセブン

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。