川島なお美さん、女優魂みせた「失楽園」秘話 前張りなしでベッドシーンも (1/2ページ)

2015.09.27


ドラマ「失楽園」制作発表にのぞむ川島さん(1997年5月27日撮影)【拡大】

 24日に54歳の若さで胆管がんのため亡くなった女優の川島なお美さん。女子大生タレントのイメージが強かった川島さんが「大人の女優」として認められるようになったのは、1997年に日本テレビ系で放送されたドラマ「失楽園」での熱い艶技がきっかけだ。原作者の作家、渡辺淳一さん(昨年4月死去)の作品への出演を熱望していたとされ、自らチャンスをものにしていった女優魂が浮かび上がってくる。

 昨年7月に都内で営まれた渡辺さんの「お別れの会」に、「失楽園」で着た思い出の着物で出席した川島さん。人気作家と女優の出会いは、20年以上前に遡(さかのぼ)るという。

 「川島さんと渡辺さんが出会ったのは、銀座の高級クラブ。映画関係者と来店した川島さんは別の席にいた渡辺さんに勇気を出して、自ら電話番号を書いた紙を手渡したようです。当時は渡辺さんはそっけなく、紙をなくしてしまった」(出版関係者)

 それでも川島さんはあきらめなかった。93年にヘアヌード写真集「WOMAN」を発売すると、写真集を渡辺さんの元に送り届け、女優としての自分を売り込んだというのだ。

 渡辺さんは95年から翌96年にかけて日経新聞で「失楽園」を連載。その頃には、月刊誌で2人の北海道旅行が報じられるなど、男女の関係が噂されるようにもなった。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。